私たちの想い

Concept

もっと食に夢を!
楽しく美味しく温かい食卓で、
健康で豊かな人生へと導きたい。

人のコミュニケーションは食にあると考えています。つまり、食は「共食」を実現できる場と言えると思うのです。
今はコミュニケーションの場は個々の時代だからこそ、
無人ビュッフェスタイルを可能にした
「UDS SYSTEM」と「おっかん」。
そして、第一次産業から第六次産業へ。
食の未来を支え、食を美味しく温かく楽しんでもらうために、私は道を作り続けます。
また、公的関係で食育を推進されている著名な
服部幸應氏の監修を基本に、
少しでも毎日頂く食事から意識を持つことにより健康で豊かな人生へと導きたいと考えています。

永田顧問

食育をはじめたキッカケ
食から身体の細胞まで変わっていく!

私は20代前半から弁当業を営んでいましたが、47歳の時に生活習慣病になってしまいました。健康だと思い込んでいたのに、保険の審査に通らなかったのです。病院で「いいものを食べ過ぎましたね」と言われ、最初は何のことかよく理解できませんでした。
しかし、生活習慣病のことを勉強していく中で、何も意識なく肉・フライ・濃い味付けなど自分の好きな食事に原因があることに気付き、普段の食生活を見直してみると、確かにこれでは健康を保つことはできないと思いました。
「食べたもので身体はできている」ということを身に沁みて感じ「食育」というものに出会ったのです。
少しでも毎日頂く食事から意識を持つことにより健康で豊かな人生へと導きたいと考えから、かねてより関わりの深かった公的関係で食育推進に貢献されておられます服部幸應校長監修の食育弁当レシピを頂き、オリジナルの食育レシピを開発し始めました。
試行錯誤を繰り返しながらも、細胞レベルまで変えていくバランスの良いレシピも提案し続けています。
私は農家の生まれで、畜産や精肉も学び、弁当業の経験もあることで、ノウハウはあったのです。ところが、出汁を取って調理した時の出来たての料理を味見した時は美味しいのですが、冷めた時に食べてみるとやはり味気ないことが気になりました。
「美味しいものを、温かいうちにお届けしたい!」
その思いから、業界初の「UDS SYSTEM」という無人食堂サービスを発案・開発しました。

  • イメージ写真
  • イメージ写真
  • イメージ写真
UDSの用途例
ビュッフェ・カフェ・イベント
・商品陳列 etc
おっかんの用途事例
調理・保温・デリバリー
・ケータリング etc

美味しく。さらに、美味しく安全。
それが、今の時代だからこそ
必要であると思います。

現代は「個食化の時代」と言われ、食事でコミュニケーションをする機会が極端に減っています。食事を一緒にする機会は、朝食や夕食よりも、昼食になっているのではないでしょうか。それも一人一人がバラバラという話も耳にします。
保育園や幼稚園、小学校の給食しかり、社員食堂しかりです。
しかし、美味しいものを温かく食べていただくには、それなりの設備と人手が必要でした。その問題を解決に導き、スペースさえ提供していただければ、毎日バランスのよい美味しいランチを、ビュッフェスタイルで提供できる“無人” の食堂として運営できるのがUDS SYSTEMなのです。そしてこのシステムを実現するために開発したのが、万能加熱調理電子ボックス「おっかん」でした。 わたしたちが考える食育とは、3つの柱から成っています。1つは食を選ぶ力である「選食力」。2つ目は「マナーとしつけ」、3つ目が「地球規模で食を考える」ということです。
これらすべてを叶えるにはどうしたらいいのか考案しました。
そこで、業界初のビュッフェスタイル「UDS SYSTEM」を提供できるように「おっかん」の開発に至ったのです。
「おっかん」はただの保温器ではなく、誰にでも簡単に調理ができ、様々な可能性が広がる画期的な、まさに万能調理ボックスなのです。
これによって美味しいものを温かいまま提供できるようになりました。現在のお弁当も可能です。メニューは私どもで考案した細胞レベルで変われるPFCバランスの良いもので提供可能ですが、「おっかん」のすごいところは、“誰にでも調理ができる” ということです。
たとえば災害時の救助活動では「おっかん」なら被災地に暖かい食べ物を届けることができます。火がいらないのでCO2も出さず、わずかな電力で調理ができるので、車のソケットからの電力で調理が可能、環境にもやさしいのです。
他にもあらゆる可能性を秘めた「おっかん」は、将来の食の未来を大きく変えてくれることと信じています。
一番美味しいのは「お母さんの味」です。その思いを込めて「お母さん」という意味のある「おっかん」を商品名にしました。夢の詰まったドリームボックスを、みなさんが楽しんでくれたらと願っています。

  • イメージ写真
  • イメージ写真

第一次産業の苦悩
第六次産業という未来

先にも述べましたように、私は農家に生まれ育ちました。だから農家の人々の苦悩と現実を知っているのです。苦労して育てた農産物が、形が悪いとか、少し傷があるという理由でかなりの量が廃棄されているのです。
そこで私は、日本の低い食糧自給率とは裏腹に、廃棄されている農産物の利用法について考えました。
市場に出されることなく廃棄されている農産物を加工すれば、捨てることなく農家にもお客さまにも喜んでいただけるのではないかということです。
第一産業である農家が、第六次産業化されれば、すべてがうまくいくと思いました。
第六次産業とは、第一次産業である農林漁業者が、生産物を自ら加工し、流通させることで国も推進しています。第一次産業が、自分で第二次(加工)第三次(流通・販売)を行うことから、数字を掛け合わせて第六次産業と呼ばれるようになったそうです。
これまでノウハウのなかった第一次産業に、食育レシピやUDS システム、「おっかん」という方法を伝えていくことで、農家の方たちが第六次産業化できれば、生産者にとっても消費者にとってもいいことが起こります。別々に請け負ってきた加工・販売という部分を、農家がそのまま行えるようなシステムこそが、食育レシピであり、UDS システムであり、「おっかん」なのです

  • イメージ写真
  • イメージ写真
  • イメージ写真

思考の原点は
「自然ならば・・・」という発想
それが「当たり前」だから

何か問題が起きた時、どうしてそうなるのか考える時、わたしはいつも「自然環境はどうだろうか?」と考えます。だから、農法も自然のまま、種を蒔いてそのまま放置します。その環境で育つものだけを育てていけば、強くて栄養価の高い作物になります。地産地消を奨める理由も、ここにあります。
人も同じで、自然の動物になぞらえて考えてみてはいかがでしょう。昨今、子どもたちのアレルギーが社会問題となっていますが、子どもはお腹の中にいる時から食が始まっているのです。
お母さんの食べたものから栄養をもらい、成長していくのです。この世に誕生する以前から食べていることに思いを馳せれば、自分が食べるものをないがしろにすることはできません。自分が何を食べてきたかは、次世代へと受け継がれ、やがては地球全体に影響を及ぼすことになるでしょう。
まずは自分と大切な家族のために、食をもっと楽しんでいただきたいと思います。
私がわざわざ「安心で安全」と言わないのは、農家が直接育てた食材を使い、バランスの良いメニューを無添加で提供しているから。もはや、安心で安全なのは当たり前であり相互の信頼関係であるのだと思うのです。
添加物の入っていないものを探す方が大変な今、今一度、食べることに夢を持って、もっと楽しんでいただきたい!それが、わたしたちがいつも帰る「原点」なのです。

永田顧問

PAGE TOP